バンコクのホリスティック・ライフ

タイ

バンコクに行くと、日本にいるより頻繁に通うようになるのがマッサージ店だ。

「乱立」と言えるほど店の数も多いし、足裏、タイ古式などの定番から、なぜか入浴可能(?)なものまでバリエーションも豊かだ。

価格も日本に比べて安いため、敷居が低く入りやすい。

最近非常に気に入っているのがフェイシャル、顔マッサージだ。

以前は「男子、フェイシャルに入るべからず」と思っていた頑固者タイプだった。

しかし、一度サイアム・スクエアにある某店で試して病み付きになった。

 

どうも自分はフェイシャル・ケアを受けると「落ちる」ようだ。

海の底でぐっすり眠った後のような、全身がしびれるほど心地よく脱力して気分が落ち着く。

前世は女性だったのかもしれない。顔の造作が生まれつきのもの以上に改善されることがないのは残念だ。

 

そして最も深い興味を持って楽しんでいるのが「アーユルヴェーダ・マッサージ」。

アーユルヴェーダとはインドの伝統医学で、マッサージにもその医学体系を支える哲学と健康増進のための手法の一部を応用している。

 

特徴は体質(ドーシャ)を重視して、個人個人の体質に合ったオイル・薬草類を用いてマッサージや体内浄化を施す点だ。

体質は「ヴァータ(風)」「ピッタ(火)」「カファ(水)」の3つに分かれる。

興味がある人はインターネットで「アーユルヴェーダ」「体質診断」などで検索すると、いくつかのサイトで調べられるはずだ。

 

筆者の体質は基本的にピッタである。

キーワードは火が示す「熱」や「鋭さ」で、性格は体内バランスが良いときは情熱的で精神性を重視し頭もよく働くが、バランスを崩すと短気で批判的、「〜すべきだ」と完璧主義論に走りがちという。

体調も体内の熱が増えすぎるとダメで、辛い食事を取りすぎるとおなかを壊したり、湿疹・炎症に悩まされたりする。

 

太陽の下もご法度で、過去の経験でもビーチなら海で泳げるから冷えて多少いいが、乾燥の砂漠地帯を旅すると1週間で体調絶不調となり動けなくなる。

よって普段から熱を高め過ぎないようアルコールや塩分の摂り過ぎは避けるのが良いのだが、そこは東北人の悲しさで簡単には変わらない。

 

そこでバランスを整えるピッタ体質向けのアーユルヴェーダ・マッサージに「期待をかける」ことになる。

施術を受けた後は不思議とバンコクの炎天下でも体が涼しく感じ、良いバランスを取り戻した気分になってくる。

前世はインド人だったかもしれない。元気になり、調子に乗って飲みに出かけたりするので元も子もないのだが。

 

当然、体質が違えばバランスを取るための生活習慣も食事の摂り方も違ってくる。

いずれもバランスを良好に保つことで体質による特徴の肯定的な面を活性化させ、考え方や行動でもプラス面を出すのが狙いだろう。

 

このように、人間を体、心、気などが有機的に相関し合う総合体と捉えて、社会や自然との調和を重視する健康促進観を「ホリスティック(心身一体)医療」と現代では呼ぶ。

アーユルヴェーダのほか中国の伝統医学である漢方や鍼灸なども、これに含まれる。

 

ホリスティック医療は現在、主に西洋の近代科学に立脚して発展した現代医学を補う代替療法とみなされがちだ。

だが伝統医学は東洋のものだけでなく、西洋にも古くギリシャに発祥した医療体系があった。

現在の「星占い」とはだいぶ異なる、伝統的な占星術体系と結びつき高度にシステム化されて17世紀までは一般的だった。

 

しかし、科学の発展と産業革命など現代化の波により、西洋の伝統医療はほとんど失われた。

詳しく書くのは別の機会にするが、要するに人間は生まれた洋の東西を問わず、体と精神と自然との調和を重視してきた歴史の方が長い訳である。

 

インドと中国の間にあり、植民地にされた隣国から西洋の影響も受けたタイは、こうしたホリスティック医療のアイテムが実に豊富だ。

筆者のようなマニアには極めて魅力的な国だ。

 

日本の、特に東京にいると、なぜかいつも心のゆとりがなくてマッサージにもほとんど行かないが、バンコクは喧噪の中にものんきな空気が漂っていて肩から力を抜きやすい。

抜けっぱなし、という説もあるが。

 

広告